FC2ブログ

結局生き残ってしまったのは

闘牛王うしくん

闘牛王うしくん

neko.png
(現実逃避する我がねこ。)


正規のトリックスターみみとしっぽの大冒険のゲームとして
召喚師になりたいが出たわけだが、結局生き残ってしまったのは
紛れもなくあえて言わないがアレだった。(察してください)

そもそも以前記事や筆者のツイッターでも触れたかもしれないけれど、
深く掘り下げて言うならトリスタ召喚師というのは、
既にPC版トリックスターの開発チームは既に解散してしまっていて、
おそらくだが開発人数もいくら再結成したとはいえ少ない人数だった
(PC版)と推測できる。良くも悪くも例えるなら
親であるPCトリックスターの亡骸から
生まれた子供のような作品なのだから、子供故に
まだ未熟というか至らない作品箇所はあったと思う。

それなのに
「俺たちが求めているのはこれじゃない」
だの
「こんなのトリスタじゃない」

などでひたすら非現実的であるPCトリスタの復活を待ち望んで
トリスタ召喚師をそっちのけにして、ひどい話だと
マガイモノに財布からお金をつぎ込む人もいるから、
とんでもないものだ。

まあ前の記事で触れたかもしれないが、
トリスタ召喚師のキャラ路線は若干女性支持されたPCと
比較するとだいぶずれているという声もあるので、
そうゆうことで嫌悪になっている人達も多いと思われるが、
かなり残念なことにトリスタの正規作といえるのは
結局召喚師しかなかったわけだから、
どちらにしろ三年間もサービスを続けられていた
運営会社様のステアーズさんには感謝の言葉以外見つからないけれど、
それを応援してマガイモノの誘惑に負けず、課金し続けて
いた一部のトリックスターユーザーは実に素晴らしいとおもうし、
課金しなくてもその作品について好きだからこそ続けていた
無課金微課金勢力の方々も立派だと思うんです。

あとトリックスターを愛する人達のために、
がんばって形は違うのだけれど、トリックスターの正規作として
召喚師になりたいを作ってくださったエントリーブさんも
立派でしたと思う。

なお管理人は当時就活していて、
貧困ニートだったのでマンスリーしか課金できなかったけれど、
日記等で応援できたって思っているのでまあ、それなりに
頑張ったほうだと思う。

Posted by闘牛王うしくん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply